皆様にご好評をいただいる日本全国のおせち料理等をご提案いたします!

おせち料理にかかるコストを下げる方法

考える女性

正月といえばおせち料理ですが、普通に作っていると結講お金がかかってしまうものです。

しかし、いくつかの注意点をしっかり意識しながらおせち料理を作れば、その費用を大きく削ることができます。では、いったいどこに気をつければ、費用を大きく削ることができるのでしょうか。おせち料理を作る上で(コストを削る上で)一番大切なことは、材料を出来るだけ安く揃えることです。

普通に専門店やスーパーで買うと、かなりコストがかかってしまうので、出来るだけ業務用スーパーを使って材料をそろえるといいでしょう。一般的に、業務用スーパーは普通のスーパーより物価が安いので、これをするだけで、コストを10%以上削ることができます。それ以上にコストを削りたいなら、買いだめをするしかありません。

どこのスーパーも年末には食品の価格を上げてきますので、保存が効く品はそれより少し前に買いだめをしておきましょう。
そうすれば、さらにコストを下げることができます。

業務用スーパーを使う、保存のきく食品は買いだめしておく、これだけでもかなりコストを節約することができますが、それ以上にコストを下げたいなら、おせち料理の量を減らすしかありません。

おせち料理には、大量の食材がありますが、このうち自分や家族があまり好きではない物を、大胆にカットするのです。
この時大切なのは、好きではない食材の量を減らすのではなく、まるまるカットすることです。

あまり好きではないものでも、おせちなんだから一応入れておこうという人情はわかりますが、大量にではなく、ほんの少しだけ食材を買うというのはコスパが悪いので、それをするくらいなら全部カットしてしまった方がマシです。ですので、おせち料理を作る前に家族にアンケートを取っておき、皆があまり好きではないと答えた食品は、大胆にカットしましょう。

これだけやれば、おせち料理のコストを3割程度下げることができます。

さらにコストを下げたければ、買う食材の質を一段階下げる、買う量を減らすという手もありますが、そこまでやってしまうと、おせち料理の品質が悪くなり、満足感が少なくなってしまうので、コストを下げられればその他の点は目をつぶるというようなタイプの人でない限り、そこまではやらないほうがいいでしょう。業務用スーパーを活用する、好きではない食材をカットする、保存がきくものは年末が来る前に買いだめしておく、これがおせち料理を格安で作るためのコツです。

出来るだけ安くおせち料理を作りたいなら、これらの点に気をつけて作ることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめおせち料理
旨いもの探検隊