皆様にご好評をいただいる日本全国のおせち料理等をご提案いたします!

引き継がれていって欲しい日本の伝統行事、おせち料理を家族揃って楽しむということ

おせち

毎年お正月を迎えると、ご自宅のテーブルには色彩豊かな沢山の食材が使われ作られた「おせち料理」が並ばれているのではないでしょうか。実際には、おせち料理1品1品を作る作業はとても大変です。

元旦には、おせち料理をおツマミに「おとそ」を頂くのが楽しみという旦那様も、年末の忙しい時期、元旦を迎える大晦日まで掛かっておせち料理を作られた奥様、お母様には感謝しなければです。

■おせち料理の由来

おせち料理は「お節料理」と書かれることがありますが、古くは1年に5回ある節句(人日・上巳・端午・七夕・重陽)の所謂「五節句」に神様への供え物として作られた料理が始まりとされています。それがいつしか、現在のようにお正月に出される料理にたいして「おせち料理」と呼ばれるようになりました。

またこれは良く知られたことではありますが、「三が日」には女性たちも台所には立たず、炊事をしないという風習があることから、おせち料理は日持ちするものが多いのが特徴で、三が日は重箱などに詰められたおせち料理を食べられていたものです。でも、このおせち料理は結構大人好みの料理が多く、お子様方は直ぐに飽きてしまわれるのも確かです。美味しいものばかりなのですけれども、お子様が好きな物は少ないのかもしれません。

■代表的なおせち料理に込められた意味とは?

おせち料理には、本当に多種多様な食材が使われ、味と共に見た目も楽しむことが出来るものですが、その食材1つ1つにはそれぞれ意味や願いが込められているとされています。おせち料理に使われる代表的な食材について、その意味や願いを紹介したいと思います。

・海老
体が曲がっている様子を、「腰が曲がっている」ことに例え、長生き「長寿」を願ったものです。

・数の子
ニシンの卵である数の子は、ぎっしりとたまごが沢山詰まっていることから、子孫繁栄を願ったものです。プチプチ・シャキシャキした食感が味わえます。

・栗きんとん
漢字では「栗金団」となり、金運向上の願いが込められたものです。

・黒豆
黒豆を筆頭に豆を使った料理には、マメに働けるようにとの願いが込められています。

・昆布巻き
これは「よろこぶ」の語呂合わせで、子孫繁栄を願ってのもの。一緒に巻かれることが多いニシンは、数の子の子孫繁栄と合わせて使われます。

・鯛
これはご存知「めでたい」の語呂合わせです。

・伊達巻
伊達とは、華やかで派手でものを表す言葉で、一族の繁栄・繁盛が願われているものです。

ここでは代表的ないくつかだけを紹介しましたが、この様におせち料理にはどれも1つ1つ意味・願いを持った食材が使われています。その意味・願いを考えながら口にすることも、おせち料理を楽しむ醍醐味の1つなのだと思います。1つ1つの食材を用意し、ご自身で料理を作られるのは素晴らしいことで、その家庭ならではの味付け受け継ぎ楽しむこともあると思います。

デパート・スーパー、コンビニなどでも年末が近づくとおせち料理の予約を受付けているのを目にするようになりましたし、更に最近はインターネットでも沢山の食材が重箱に詰められた豪華なおせち料理も紹介されることが多くなりました。

手間や費用などを含め、どのスタイルが良いかは各ご家庭によって異なるとは思いますが、お正月には日本の伝統行事でもあるおせち料理を家族揃って楽しむということは、長く引き継がれていって欲しいものだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめおせち料理
旨いもの探検隊